★句動詞の中の代名詞★

  • 2020.02.02 Sunday
  • 15:56

こんにちは。

 

今回は「動詞+前置詞」の形で「〜を...する」という

目的語を必要とする句動詞についてのお話です。

 

なにそれ?わかりませーん((+_+)) と思われた方、

とりあえず文法用語は無視しましょう。

 

put on (を身につける)          take off (を脱ぐ)

turn on (電気などを点ける)      turn off  (消す)

give up (をあきらめる)    pick up(を拾う) 

look over(にざっと目を通す)put off (を延期する)

 

などのことです(^o^)

 

ここからが本題...

 

 靴を脱いでね靴 は
・Take off your shoes. (靴は複数です)
Take your shoes off.

 

電球offの後にyour shoesを置いても、

 動詞と前置詞の間でもどちらでもOKです表情にこにこ

 



 でも目的語を代名詞にするなら、
・Take them off. (靴を「それら」に置き換えて)

 

 となります。そうなんです!
電球目的語が代名詞のときは

 動詞と前置詞の間に入れて使います

 

 

話している時には it や them の置き場所が分からなくなりがちです。
何度も音読練習しておきたいですね。

 

I hope you will find it useful.

 

それではまた次回♬

  

 

★Me,too!★

  • 2020.02.01 Saturday
  • 19:37

こんんちは。

 

会話していて「わたしも!」と言いたいとき、

"Me, too!" って便利です。

今や社会現象になったフレーズでもあります。

 

ただ間違えやすいフレーズでもあります(^_^;)

 

たとえば

 

A: I love dogs. (肯定文)

 

に対して

 

B: Me,too! (^o^)

 

というのは正解です。

 

でも

 

A: I don't like snakes. (否定文)

 

に対してはMe,too. は使いません。

 

B: Me, neither. これが正解です!

 


アメリカではミーニーザー、

イギリスではミーナイザーと発音されることが多いです。

 

アジア圏の方や生徒さんとの英会話の中で

このミスを多く耳にします。

という私も、以前ネイティブの先生に注意されて覚えたのでした。

 

You learn from your mistakes. 失敗は成功のもと(^^)v

 

それではまた次回♬

★「ほとんどの人々」の言い方★

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 17:04

こんにちは。

 

英語で話しているとき(書いているときも)

ほとんどの人々」という表現をよく使います。

でもちょっとだけややこしくないですか?

今日はそれです(^-^)

 

主に3つの言い方があります。

 

most people

この時のmostは形容詞 だからtheは入れません

 

most of the people

このmostは名詞です

 

almost all people 

almostは副詞 だからallにかかっているます

 

文法的には上の3つは全く違ったものですが、

使いたいときに自然に出てくるように、

音読100回ずつして そのまま覚えこみたいですね(^.^)b

 

Practice makes perfect !

 

それではまた次回♬

JUGEMテーマ:外国語学習

★動物がでてくる英語表現★

  • 2019.12.18 Wednesday
  • 10:45

今日は動物がでてくる表現を学びましょう(^-^)

 

まずはキツネ。

He is as sly as a fox. 彼はキツネのようにずる賢い

sly はずる賢い

 

次は馬。  

Hold your horses!  落ち着け!

直訳だと「自分の中のじゃじゃ馬をおさえろ」かな。

 

ニワトリ。

He is chicken. 彼は臆病者だ

 

Don't chicken out !  おじけづくな!

こちらは動詞として使われています。

 

チキンが弱虫という意味に使われるようになった

由来はchicken heart (ニワトリの心臓)、つまり小さい

ということ。日本でも蚤の心臓といいますね。

 

 

ネコ。

Don't let the cat out of the bag. 秘密をばらすなよ

「ネコを袋から出すなよ」

ネコを出さないようにするのは大変っ

 

Cat got your tongue? →(子供に)どうして黙ってるの?

「ネコに舌を取られたの?」

これはよく子供に使われます。かわいい(´▽`*)

 

日常会話、ドラマや映画でも出てきますので

覚えておくといいかも。

 

Have a great day ahead!

 

それではまた次回♬

 

 

★簡単な算数★

  • 2019.12.09 Monday
  • 17:27

今回は簡単な算数を英語で表現してみましょう♬

 

まず

  + plus

  − minus

   ×  times, multiplied by

   ÷  divided by

  =  equals, is, makes (is,makesの方がカジュアル)

 

を覚えておきましょう(^o^)

 

式になるとこんな感じに表現します。

 

2+3=5    Two plus three is five.

9−5=4    Nine minus five is four.

4 × 3=12   Four times three is twelve.

8 ÷ 2=4    Eight divided by two is four.

 

小学生の生徒さんは数字カードを使って

式を作るのが楽しいみたいです。

大人でも意外と盲点ですよね。

 

I hope you like it, too (*'▽')

 

ではまた次回♪

 

 

発音 ★oaと綴られる二重母音★

  • 2019.11.02 Saturday
  • 10:42

JUGEMテーマ:外国語学習

 

こんにちは(^-^) 

 

さて今日はoaと綴られる二重母音についてのお話。

 

oa と綴られる二重母音を含む単語には

 

coach コーチ  coat コート  coast 海岸   

soap 石鹸       foam 泡              float 浮かぶ   

road 道路     goal ゴール  toast  トースト

 

approach 近づく   download ダウンロード

 

などがあります。

 

これらは日本語の中でカタカナで

使われていたりもするので

oaの部分を[ɔː]オーと発音したくなりますが、

(ほとんどの人が実際オーと言っちゃってます)

後ろのaは無視して前の o ([ou]オウ)だけ発音。

だから boat は ボートじゃなくて ボウト です。

 

この発音に気を付けて話すだけでも

グッと英語らしくなります(´▽`*)

ぜひ取り入れてみてください!

 

ただしabroad[əbrɔ'ːd ] 海外に、broadcast 放送する

などbroadが入っている単語は例外です。

 

大学受験にはこの例外が出たりしやすいのです。

 

Small things add up to make a big difference!

小さなことの積み重ねで大きな違いがうまれます

 

ではまた次回♪  

 

★前置詞 IN ★

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 12:00

こんにちは。

あっという間に新年度ですね。

 

さて今日は前置詞のinについてのお話です。

in は「〜の中で(に)」という意味で、

場所の中に、空間の中に、 期間の中に、いる

というイメージです。

中に、というからにはイメージでは

周りにはある程度のスペースがあります。

 

「場所の中にいるイメージ」の例を挙げると、

A cat is in the box.

I live in Hiroshima. んーーー、わかりやすい。

 

では、I arrived at Tokyo. はなんで at なの?

と思いますが、

以前イギリス人の先生に質問したところ、

この場合、おそらく到着したのは空港か駅か...

話者がもっと狭い印象を持っているので

atを 使っているのです。

またarriveはinという前置詞も使うことができます。

(日本人にはなじみがないですね)

 

「期間の中にいるイメージ」の例は

季節→ in summer

年→ in 2020

月→ in August

幅のある時間帯

→ in the morning, in the afternoon, in the evening

などです。

 

ある程度の時間の大きさがあるので

in を使うわけです。

では、なぜ at night なのですか?

これもよくある質問です。

nightは元々「暗黒の時間」という意味だったらしく

眠って過ごすので活動する時間の大きさを

持っていなかったという説があります。

 

日本語を英語に変換しながら、

summerは inだよね?

と頭で確認しなくても使えるように 

何度も声に出して練習して覚えておきましょう(^-^)

 

That's the most important thing.

それ一番大事です!

 

ではまた次回♬

 

日常会話 ★自分でできる学習法2★

  • 2019.03.23 Saturday
  • 13:30

JUGEMテーマ:外国語学習

 

お久しぶりです♪

 

今日はジャーナリングを紹介します。

 

他愛もない会話の中で

そのニュアンスをどう伝えていいのか分からず

(>_<)(>_<)(>_<)となることありませんか?

 

その敗北感を克服するには

ジャーナリングがおすすめです。
ジャーナリングとは日記とか記録という意味です。

 

勉強法としては、

 

トピックを決めて文章を書く。

・この時辞書を使って構いません。

(というか私は死ぬほど調べました。)

・なるべく簡単に。

(ひねり出した文章は不自然です。)

 

できる限り、誰かに添削してもらう。

・今は添削してくれるソフトもありますね。

・無理ならば、そのまま会話に挑んで

 直してもらうという手も。

(私はそうしてました)

 

音読して覚えて使えるようにする。

・これが大事!

 

 

話せるトピックが増えてくると、

会話は格段に楽になり、

単語を入れ替えて使いまわしたり

できるようになります。

 

ぜひやってみてください(*'▽')

私もこのブログを書いていて、

またやらねば〜と思いました。

 

Where there is a will, there is a way.

 

それでは、また次回♬

 

 

 

 

 

 

 

 

★It is 形容詞 for 人 to 不定詞.★

  • 2019.03.03 Sunday
  • 20:00

JUGEMテーマ:外国語学習

こんにちは(^-^)

 

少し前に英検2次が終わりましたが、

It is 形容詞 for 人  to不定詞. という構文は

ライティングにも2次にも重宝します。

ということで、ちょっと説明(^o^)

 

〜することは〜にとって〜です

という意味で使いますが、多くの文法書には

「その形容詞の部分には主に難易度を表す言葉

easy, hard, difficult, toughに始まって、

safe, dangerous,impossible, necessary,

そしてnaturalなどが入ります。」

とあります。

 

え?でもその他の色んな形容詞が使われているのを

見たり、聞いたりしますけど???なんで?

そこで、2人のネイティブに確認したところ、

「意味が変でなければ気にしないよー」

とのことでした(^_^;)

 

 

(例文) 「〜にとって」の部分は省略可

 

It is difficult (for us) to solve the problem.

その問題を解決することは困難だ

 

It is dangerous (for children) to play there.

子供達にとってそこで遊ぶのは危険だ

 

It is natural (for me) to help people.

人を助けるのは当然だ

 

It is impossible (for her) to get up early

in the morning.

朝早く起きるのは無理だ

 

It is necessary (for us) to know more about it.

そのことをもっと知るととが必要だ

 

It is useful (for us) to have a smartphone.

スマホを持つことは便利だ

 

It is fun (for us) to study English.

語を勉強するのは楽しい

 

作戦として困ったときに使えように

自分でも例文を作って覚えておくといいですね。

 

この記事を書くことで、

私もとっても勉強になりました(*'▽')

 

 

One step at a time ! 一歩一歩ですね。

 

それではまた次回♪

 

 


 

英検・二次試験 

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 08:00

ただいま教室では英検3級以上の生徒さんたちの

英検の二次試験特訓中(^-^)

はじめは過去問題を使って、

時間をかけて考えて答えを書き出してもらい、
慣れてきたら模擬練習。

どの級にも質問に対して自分の考えを言う問題アリ。
そしてどの級を目指す生徒さんにも言えることですが
むずかしい文章を作ろうとして自爆しがち(*_*;


(3級)

Q: Do you like winter?
A: Yes,I do.
Q: Why?
A: Because I like skiing. 

(知っている言葉で簡単に)

(準2級)

Q: Do you think more people in foreign countries
   will study the Japanese language in the future?
A: Yes.
Q: Why?
A: Japan is a wonderful country,
  so I think more people will study Japanese

     to come to Japan.


苦手だなと思ったら、

このくらいシンプルに考えた方がいいです。

知らない言葉をひねり出そうとせずに、
日本の小学低学年の子に説明するときに

使うくらいのシンプルな内容で

易しめの英単語と文法を使って話した方が

うまくいきます。

2級以上も質問のレベルが上がりますが、

考え方は同じです(^-^)



Go for it!

では、また次回♪